関西の税理士 についての記事一覧 | 税理士相談 関西の相続税対策

HOME » 関西の税理士

関西の税理士

相続相談の税理士費用はいくら?


・相続に関する税理士への相談内容
相続が発生した時、多くの方は税金の支払いが必要となります。
「うちは相続する財産なんてないから大丈夫」と思っている方もいるのですが、相続の対象となるのは現金だけではなく、保有している土地や建物などの不動産も含まれます。
また、財産や資産の中には、株式や有価証券もあるかもしれませんし、近年は電子マネーなども所有したまま被相続人が亡くなるというケースも増えてきているのです。
このように、意外にも相続税が発生する条件をクリアしてしまう人もいたりします。
ただ、国でもすべての相続に課税するわけではなく、基礎控除として3,000万円と相続人1人当たり600万円の控除が認められています。
そうなってくると、最低でも3,600万円を超えない限りは課税されないことになります。
なお、配偶者となるとさらに控除が受けられ、より課税対象となる部分は削減できます。
ただ、それでも相続に関しては相続税のことで悩まされることもあるので、専門家への相談を考えておくと良いです。
事実、税理士への相談内容として多いのが、圧倒的に相続税のことだと言えるでしょう。

≫ 『相続相談の税理士費用はいくら?』

大阪で相続税の相談をしたい

大阪では相続税について悩んでいる人が多く、その悩みを解決したいといろいろなところから情報収集している人もいると思います。
相続税は遺産相続するときにかかってくる税金で、すべての相続人が対象になるものではありませんが、基礎控除の引き下げが平成27年1月1日にあったため、対象になる人の数は現在10人に1人の割合になると言われています。
≫ 『大阪で相続税の相談をしたい』

滋賀で税理士を探す

相続税に関する相談は税理士にするのがベストですが、滋賀で税理士を探すときにはどんなことに注意すればいいのでしょうか?
まず相続税ってどんな税金なの?という人のために説明しておくと、これは文字通り遺産相続をするときにかかってくる税金で、相続人となる人が対象になります。
≫ 『滋賀で税理士を探す』

神戸で税理士に相談

被相続人が亡くなったあと、遺産相続をスタートさせなければいけませんが、遺産相続するときに相続税に関する問題が出てくることがあります。
相続税って財産をたくさん相続したお金持ちの人の税金でしょ?と思っている人もいるかもしれませんが、今相続税は私たちの生活にとても身近なものになっており、十分に知識として持っておかなければならないことになっています。
と言うのも、相続税の基礎控除は平成27年1月1日以降大幅に引き下げられており、平成26年12月31日までは5,000万円+1,000万円×相続人の数という計算式で求めていたのが、3,000万円+600万円×相続人の数という計算式に改正されたのです。
≫ 『神戸で税理士に相談』

兵庫で遺産相続

兵庫で遺産相続に関する悩みを抱えている人もいると思いますが、遺産相続をスムーズに進めるためにはまずどのような流れで進めていくのか、どういった手続きをしなければならないのか知ることが大切です。
そこでここでは遺産相続の際に必要な手続きについてお話していきますので、これから遺産相続をするかもしれないという人は参考にしてください。
≫ 『兵庫で遺産相続』

奈良で相続税についてお悩みの方へ

奈良で相続税についてお悩みの方も多いと思いますが、そもそも相続税とはどのような過程で発生する税金なのでしょうか?
まず相続税とはその名の通り遺産相続をするときにかかってくる税金で、すべての相続人が課税対象になる可能性がありますが、必ず対象になるわけではありません。
相続税には控除があって、まずそれがいくらになるのか計算する必要があります。
控除には基礎控除と配偶者控除の2つがあって、基礎控除はすべての相続人に受ける権利がありますが、配偶者控除は配偶者のみです。
≫ 『奈良で相続税についてお悩みの方へ』

京都で相続税に悩む人へ

京都で遺産相続をする予定がある人の中には、相続税の対象になるかもしれない人も多いと思いますが、相続財産は必ずしも換金性が高いものばかりではないので、場合によっては大きな負担になってしまう可能性があります。
相続の対象になる財産はプラスの財産とマイナスの財産の2種類があって、プラスの財産には不動産関連である宅地、農地、建物、店舗、居宅、借地権、借家権など、現金や預貯金、株券、貸付金、売掛金、小切手など、自動車、家財、船舶、骨董品、宝石、貴金属、美術品といった動産など様々あります。
≫ 『京都で相続税に悩む人へ』

相続は税理士へ

遺産相続をスムーズに進めていくうえで専門家の存在は欠かせませんが、相続税がかかる場合は税理士に依頼するのが一般的です。
相続税はすべての相続人にかかる税金というわけではなく、相続財産の総額から基礎控除額を引いて残った部分にかかりますので、対象になるかどうかは計算してみないと分かりません。
≫ 『相続は税理士へ』

相続について学ぼう

これを読んでいる皆さんは遺産相続と聞いてどのようなイメージを持つでしょうか?
「相続トラブルに発展するのが怖い」「親族間でギクシャクしてしまうかもしれない」「相続税が払えないかもしれない」などネガティブなことを考える人もたくさんいると思います。
≫ 『相続について学ぼう』

相続対策

一般的に遺産相続と聞くと「トラブルになる可能性が高い」だとか「たくさんの税金を取られる」といったネガティブなイメージが多いと思いますが、そう思っている人のほとんどは相続対策についてあまりよく知らない人が多いですし、遺産相続とはどのようなものかきちんと理解できていません。
遺産相続は本来きちんとした知識を持っていればトラブルになることもありませんし、できるだけ相続税を少なくすることもできるので、まずは自分でできることと専門家に任せたほうがいいことを分けて考えたほうがいいでしょう。
そこで今回紹介したいのは効果的な相続対策についてで、これをやっておくと相続税の負担を大幅に減らすことができますので、これから遺産相続をするかもしれないという人は参考にしてほしいと思います。
≫ 『相続対策』