相続について学ぼう | 税理士相談 関西の相続税対策

HOME » 関西の税理士 » 相続について学ぼう

相続について学ぼう

これを読んでいる皆さんは遺産相続と聞いてどのようなイメージを持つでしょうか?
「相続トラブルに発展するのが怖い」「親族間でギクシャクしてしまうかもしれない」「相続税が払えないかもしれない」などネガティブなことを考える人もたくさんいると思います。

相続は本来ルールにのっとって進められるものなので、きちんと理解できていればトラブルになることもありませんし、負担になることもありません。
たとえ負担になるようなことがあったとしてもそれを回避する手段はちゃんとありますし、無理矢理相続する必要もないのです。
つまり相続人になる人が相続について知らないことで先にあげたようなネガティブなイメージを持ってしまっているのではないでしょうか?

まず相続の簡単な流れを説明しておくと、はじめに被相続人が遺言書を残している場合は裁判所で検認を行い、内容に不備がなければそのまま記載事項に沿って進めることになります。
ただ、一般的に遺言書が残されているケースはあまり多くないので、その場合は法定相続によって進めるか遺産分割協議によって決められます。

法定相続とは法律で決められた割合で相続していく方法ですが、相続財産は現金のようにすぐに分割できるものばかりではないので、この場合は法定相続を参考に遺産分割協議に入るのが自然です。
遺産分割協議とは相続人となる人が全員集まって協議し、誰がどの財産を相続するのか話し合います。
協議が終わったら遺産分割協議書を作成して相続人がそれぞれ手続きを進めて相続が完了となります。

相続税がかかる場合、税務署への申告期限は被相続人が亡くなってから10カ月以内と決められていて、それを過ぎてしまうとペナルティの対象になりますから注意してください。
ここまで述べてきた内容を含め、もっと相続について学んでおきたい場合は税理士などの専門家がセミナーを主催していたりするので、そちらに参加してみることをおすすめします。