相続対策 | 税理士相談 関西の相続税対策

HOME » 関西の税理士 » 相続対策

相続対策

一般的に遺産相続と聞くと「トラブルになる可能性が高い」だとか「たくさんの税金を取られる」といったネガティブなイメージが多いと思いますが、そう思っている人のほとんどは相続対策についてあまりよく知らない人が多いですし、遺産相続とはどのようなものかきちんと理解できていません。
遺産相続は本来きちんとした知識を持っていればトラブルになることもありませんし、できるだけ相続税を少なくすることもできるので、まずは自分でできることと専門家に任せたほうがいいことを分けて考えたほうがいいでしょう。
そこで今回紹介したいのは効果的な相続対策についてで、これをやっておくと相続税の負担を大幅に減らすことができますので、これから遺産相続をするかもしれないという人は参考にしてほしいと思います。

今回紹介する方法は生前贈与の基礎控除を利用した相続対策で、この方法は被相続人が亡くなる前でないとやることができません。
と言うのも、贈与というのは人から人へ財産を贈る行為のことを指しており、たとえば家族間でそれを行う場合には被相続人が亡くなっていると相続になってしまうからです。
話を戻すと、贈与税の基礎控除は年間で110万円までと決められており、それを繰り返すことによって税金を払わずに少しずつ財産を譲り渡していくことができます。

ただ贈与税の基礎控除が年間で110万円と決まっていても、実はそれを繰り返していると連年贈与といって通常の贈与税を同じ税金を納めなければならなくなってしまう可能性もあるのです。
ここが大きな落とし穴で工夫の必要なところなのですが、連年贈与にならないためには毎年同じ金額の贈与を行うのではなく、少し金額や時期を変化させたり、何回かあえて基礎控除額を超えたりするなどしておくといいでしょう。

相続対策については税理士も詳しいので、相続税がかかることが予想されるのであれば被相続人が生きているうちに相談しておくといいでしょう。