相続相談の税理士費用はいくら? | 税理士相談 関西の相続税対策

HOME » 関西の税理士 » 相続相談の税理士費用はいくら?

相続相談の税理士費用はいくら?


・相続に関する税理士への相談内容
相続が発生した時、多くの方は税金の支払いが必要となります。
「うちは相続する財産なんてないから大丈夫」と思っている方もいるのですが、相続の対象となるのは現金だけではなく、保有している土地や建物などの不動産も含まれます。
また、財産や資産の中には、株式や有価証券もあるかもしれませんし、近年は電子マネーなども所有したまま被相続人が亡くなるというケースも増えてきているのです。
このように、意外にも相続税が発生する条件をクリアしてしまう人もいたりします。
ただ、国でもすべての相続に課税するわけではなく、基礎控除として3,000万円と相続人1人当たり600万円の控除が認められています。
そうなってくると、最低でも3,600万円を超えない限りは課税されないことになります。
なお、配偶者となるとさらに控除が受けられ、より課税対象となる部分は削減できます。
ただ、それでも相続に関しては相続税のことで悩まされることもあるので、専門家への相談を考えておくと良いです。
事実、税理士への相談内容として多いのが、圧倒的に相続税のことだと言えるでしょう。

・税理士に相談する際の費用はいくら?
相続に関することを税理士に相談する場合、「いくらくらいの費用がかかるの?」と不安になってしまうこともあるかもしれません。
当然ですが、税理士も仕事でやっているので、すべて無料で対応するということはできません。
ただ、初回の相談だけなら無料で対応してくれているところもあるため、そういう税理士事務所から使っていくと良いのではないでしょうか。
相談すべきことすらわからないという方もいるので、近年はこの無料相談を受け付けているところが圧倒的に多くなっています。
そのうえで、相続する財産や資産が多い場合は、その金額に応じて費用も変動します。
基本的に4,000万円以下の場合は20万円~40万円ほどが相場です。
それよりも多い財産を相続する場合は、さらに10万円~20万円ほど上乗せされていくというのが一般的です。
税理士も扱う金額が大きくなればなるほど、やらなくてはならないことも多くなります。
一見すると高く感じるかもしれませんが、この金額は妥当と言えます。

・税理士費用を節約するためには?
税理士費用を節約する一番の方法は、「自分でやる」ということです。
ただ、やはり知識がない方が自分でやるのは相当厳しいです。
大変なことを丸投げして任せられる点やミス・失敗を減らせる点、生前贈与等による節税ができる点などを加味すると、やはり総合的に見ても税理士には相談した方が良いと言えるでしょう。
まずは実際に無料相談してみて、依頼する場合どれくらいの費用になるのか見積もりしてもらってください。