神戸で税理士に相談 | 税理士相談 関西の相続税対策

HOME » 関西の税理士 » 神戸で税理士に相談

神戸で税理士に相談

被相続人が亡くなったあと、遺産相続をスタートさせなければいけませんが、遺産相続するときに相続税に関する問題が出てくることがあります。
相続税って財産をたくさん相続したお金持ちの人の税金でしょ?と思っている人もいるかもしれませんが、今相続税は私たちの生活にとても身近なものになっており、十分に知識として持っておかなければならないことになっています。
と言うのも、相続税の基礎控除は平成27年1月1日以降大幅に引き下げられており、平成26年12月31日までは5,000万円+1,000万円×相続人の数という計算式で求めていたのが、3,000万円+600万円×相続人の数という計算式に改正されたのです。

たとえば相続人が3人いるとすると改正前の計算式であれば5,000万円+1,000万円×3なので8,000万円が基礎控除額になりますが、改正後だと3,000万円+600万円×3が基礎控除額になるので4,800万円まで引き下がります。
その割合はおよそ40パーセントで、ここまで引き下がったことによって今後10人に1人の割合で相続税がかかってくると予想されています。
つまり相続税は他人事の税金ではなくなっていますし、自分も対象になるかもしれないことを頭に入れて遺産相続に臨む必要があります。

神戸には相続税に関する相談を受けてくれる税理士事務所がたくさんありますので、遺産相続をする際には是非一度相談してみることをおすすめします。
税理士は税金のスペシャリストですから、これまで知らなかったような節税に関するアドバイスや税務調査対策なども行ってくれるので、より相続税について把握することができます。

相続税について理解が深まればその後再度相続をするかもしれないというときにも役立ちますし、相続財産が多い場合は相続税の負担を軽くするだけでかなり楽になることもあります。
まずは税理士事務所をいくつかピックアップしてみるといいでしょう。