奈良で相続税についてお悩みの方へ | 税理士相談 関西の相続税対策

HOME » 関西の税理士 » 奈良で相続税についてお悩みの方へ

奈良で相続税についてお悩みの方へ

奈良で相続税についてお悩みの方も多いと思いますが、そもそも相続税とはどのような過程で発生する税金なのでしょうか?
まず相続税とはその名の通り遺産相続をするときにかかってくる税金で、すべての相続人が課税対象になる可能性がありますが、必ず対象になるわけではありません。
相続税には控除があって、まずそれがいくらになるのか計算する必要があります。
控除には基礎控除と配偶者控除の2つがあって、基礎控除はすべての相続人に受ける権利がありますが、配偶者控除は配偶者のみです。

基礎控除の計算式は現在3,000万円+600万円×相続人の数で計算することができ、たとえば相続人が3人いるところだと3,000万円+600万円×3で4,800万円が基礎控除額になります。
つまり相続財産の総額が6,000万円あるとするとそこから基礎控除額の4,800万円を引いた1,200万円が相続税の対象になる部分になります。

次に配偶者控除ですが、これは先ほども言ったように配偶者のみに適用される控除で、基礎控除額の範囲内あるいは1億6,000万円を上限とした内容になっています。
配偶者控除を適用させる場合は税務署への申告が必要で、たとえ控除内に収まっていたとしても必ず被相続人が亡くなってから10カ月以内に申告手続きをしてください。
基礎控除の場合は不要ですので、相続税の対象になっているときだけで構いません。

控除についてはこういった面が基本になりますが、これを踏まえて税理士に一度相談してみるのがおすすめで、相続税に関するアドバイスや手続きの代行もしてくれますから話をしてみましょう。
奈良には良い税理士事務所がありますし、まずはインターネットなどで情報収集を行い、どのようにすればいいのか自分でも把握してください。
相談だけなら無料でできますので、相続税について気になっていたことや聞いておきたいことをまとめて、電話やメールなどで問い合わせてみましょう。