京都で相続税に悩む人へ | 税理士相談 関西の相続税対策

HOME » 関西の税理士 » 京都で相続税に悩む人へ

京都で相続税に悩む人へ

京都で遺産相続をする予定がある人の中には、相続税の対象になるかもしれない人も多いと思いますが、相続財産は必ずしも換金性が高いものばかりではないので、場合によっては大きな負担になってしまう可能性があります。
相続の対象になる財産はプラスの財産とマイナスの財産の2種類があって、プラスの財産には不動産関連である宅地、農地、建物、店舗、居宅、借地権、借家権など、現金や預貯金、株券、貸付金、売掛金、小切手など、自動車、家財、船舶、骨董品、宝石、貴金属、美術品といった動産など様々あります。

この中で換金性が高い財産と言えば現金や預貯金、株券といったもので、こういったものだけなら相続税が多くてもそれほど大きな負担になることはないかもしれません。
しかし不動産関連の財産の場合、評価をしなければなりませんし、相続したあとも売却するなどしなければ現金に変えることができないので相続税がかかると相続人自身が負担しなければならず非常に大変になります。
特に京都の不動産は価格の高いものも多いので、相続したからOKというわけにはいかず、結果的に税金を払う為に借金をすることもあります。

そういった事態を防ぐ意味でもあらかじめ税理士に相談して相続税の対策をしておくのがおすすめで、これはできれば被相続人が生きているうちのほうが好ましいです。
被相続人が生きていれば贈与税の基礎控除を利用した対策もできますし、遺言書を残しておけばスムーズな相続ができるのであらかじめ相続人となる人がどうしておけばいいのかもわかります。
被相続人が亡くなったあとの場合だと、遺産分割協議を終えてからでないと分からないことも多いので、不安な面もありますから早ければ早い程良いでしょう。

京都には優秀な税理士が数多くいますが、税理士を選ぶときにはまず相続を得意にしている人というのが最低条件で、相続を得意にしている人であれば普段から慣れている分対応も早くなります。